住宅ローンで得する?損する?

Contents04 title_loan-select01

マイホーム購入を検討されてる皆様は、物件のことばかりに気持ちが先行していないでしょうか? 家族の夢と希望を託すマイホームです。当然気になることは沢山あるでしょう。

ですが、住宅購入される方の9割は利用する住宅ローン。開始時期や、ローンの組み方で得した人、損した人と大きな差がついてしまうことをご存知でしょうか。

title_loan-select02

わずか1%の金利の違いでも、住宅ローンの場合は大きな負担にも節約にもなります。

いったいどれほどの差があるのか、具体的に表してみましょう。

30歳で購入したAさんファミリーと、25歳で購入したBさんファミリーの場合...。

ともに2800万円の4LDK新築一戸建を購入

title_loan-select_001 title_loan-select03

Aさんはこつこつと自己資金を貯めてマイホームを取得。

しかし住宅ローン借入時期のタイミングが悪く、金利が高めに...。

Bさんは知人の勧めで、早めにマイホームを持とうと決意。

自己資金が少ないながらも、住宅ローン金利が有利に働きました。

loan-graph01

Aさんは30歳、Bさんは25歳からローンを組みましたので完済時の年齢もAさん65歳、Bさん60歳と同じ35年ローンを利用していますので、当然Bさんの方が5年も早くローンから開放されます。

title_loan-select04

Aさんは購入するまで5年間、賃貸に入居していたらどうでしょう?

仮に8万円(家賃+駐車場)でしたら5年間で合計480万円!(更新料等除いて)家賃を払いつつ、マイホーム購入に向けた貯蓄をしていかなければなりません。

loan-graph02

現在の収支から考えていかがでしょうか。早くマイホームを持つことだけがすべてではありませんが、 『いかにムダな出費を抑えながら夢を叶えるか』を模索するのもひとつの手ではないでしょうか?

title_loan-select05

これからの時代、退職金も年金もあまり期待できそうもありません。

そうなると不安なのが老後に残る住宅ローン。

できれば早めにローンを払い終えたいものですが、購入を先延ばしにするとその分、完済時の年齢も高くなります。

老後を安心して暮らすために定年までにどれだけえローンを減らしておけるか、将来に不安を残さないためにも、住宅ローンは早めに始めておくほうが安心できます。

title_loan-select06

近年では購入価格に対して100%借入できる住宅ローンも数多くご紹介できます。

マイホーム取得にかかる諸費用についても住宅ローンと併せて借入することが可能で、自己資金0円でマイホーム取得してる方も数多くいらっしゃいます。

自己資金や諸費用・金利についてよくわからなくて心配という方、当店専任の「住宅ローンアドバイザー」にご相談ください。

サイト内検索